ハイドロキノンの副作用【高配合のコスメでも問題なし?】

ハイドロキノン配合の美白コスメは副作用があるのか?

ハイドロキノン高配合でも副作用が少ないコスメは?

美白効果が高いことで注目を集めているハイドロキノン。しかし副作用もあるとされ2001年に薬事法が改正されるまで、ハイドロキノンは皮膚科医などで処方されるだけで、一般の化粧品には配合されていませんでした。

ハイドロキノンは非常に不安定なため酸化しやすい特徴があります。酸化したハイドロキノンは肌に負担をかけ、肌が赤くなったり、ヒリヒリと痛みを感じることがあります。これがハイドロキノンの副作用といわれるものです。


効果だけでなく安全性も考慮して化粧品を選ぶのが良いでしょう。というのは、肌が炎症を起こすとメラニンが生成されシミの原因となるからです。ちなみに、敏感肌や乾燥肌の方がシミになりやすいのは、外部刺激により肌が炎症を起こしメラニンが生成されてしまうからなんです。


ハイドロキノン配合の化粧品で有名なのはアンプルールドクターシーラボ、そしてビーグレンです。 では、効果と安全性の両面で選ぶならどれが良いのでしょうか?