ハイドロキノンの副作用【高配合のコスメでも問題なし?】

ハイドロキノン高配合が良いの?

ハイドロキノン高配合の方が効き目がありそうな気がします。 しかし、厚生労働省が推奨するハイドロキノンの濃度は2%以下です。 ハイドロキノンの配合率を見ると、アンプルールが2.5%、ドクターシーラボが3~5%、ビーグレンが1.9%です。
これらを見るとビーグレンは安全と言えそうです。
でも濃度が低ければ効果が薄いのではないかと疑問に思いませんか?
実はハイドロキノンは水溶性なので、皮脂で覆われている人の肌には浸透しにくいのです。だから高濃度にすれば効果が出るというものでもないんです。


国際特許の浸透テクノロジー!

ハイドロキノンで美白効果を得るには、濃度を上げるよりも肌に浸透させるほうが大切です。いくら高濃度にしても肌に浸透しなければ意味がありませんし、副作用もでます。ビーグレンは国際特許にもなっている独自の浸透テクノロジーで、ハイドロキノンを肌の奥まで浸透させ直接シミに働きかけます。だから、効果と安全性を両立できるんです。