ハイドロキノンの副作用【高配合のコスメでも問題なし?】

ハイドロキノン配合の美白化粧品ならビーグレン

注目の浸透テクノロジー

ビーグレンの特徴は何と言っても国際特許の浸透テクノロジーです。 これは医療分野でもガンの治療に使われるキューソームという技術で、直接患部に美白成分を届けることができます。 ハイドロキノンだけでなく、多くの美白成分は水溶性で肌に浸透しません。 いくらシミを消す効果が認められた美白成分でも、肌に浸透しなければ意味がありませんよね。

シミを消す&予防する

ハイドロキノンは出来てしまったシミの解消に力を発揮すると言われている成分です。ビーグレンはそれ以外にもシムホワイト377という美白成分を配合。シムホワイト377は、シミの予防に最も効果的と言われる成分で、メラニンの生成を抑制する働きがあります。

ピュアビタミンCを配合

ビタミンCが美白に良いというのは有名ですよね。ビタミンCも水溶性なので肌に浸透しません。そのため、ほとんどの美白化粧品はビタミンCを誘導体として配合しています。ビタミンC誘導体は肌に浸透しやすい形にしたもので、浸透したあとでビタミンCに変化します。しかし、誘導体にしたものは元のピュアビタミンCよりも効果が落ちてしまいます。ビーグレンは浸透テクノロジーをいかし、ピュアビタミンCのままで肌に浸透させるので、他の化粧品よりもおすすめです。